home > オルソケラトロジー治療

オルソケラトロジー治療とは?

一般的なコンタクトレンズとは異なり、寝ている間に特殊な形状をしたレンズを装用する事で、角膜の形を矯正する治療です。

特長
  • 一般的なコンタクトレンズとは違い、寝るときに装用する。
  • 寝ている間に特殊レンズを装着し、角膜を変化させる。
  • 朝、レンズをはずしても、矯正した角膜形状が維持されるため、昼間は裸眼で過ごすことができる。
  • レンズの装用を中止すれば、自然に角膜が元の形状に戻るため、他の矯正方法に切り替えることも可能。
治療のイメージ

レンズ装着前

レンズ装着前

近視の場合、光が網膜より手前で焦点を結ぶため、像がぼやけて見えます。

レンズ装着中

レンズ装着中

特殊なカーブを持つレンズが角膜前面の形を変化させ、光の焦点を網膜上に結びます。

レンズ装着後

レンズ装着後

レンズを外しても一定時間、角膜の形が維持されるため、昼間は裸眼視力が向上します。

こんな方にお勧めです

  • ※近視や乱視が強くない方
  • ※スポーツをされる方
  • ※職業上、メガネやコンタクトレンズを使いにくい方
  • ※レーシックに抵抗のある方
  • ※子供の近視進行抑制に期待されている方

身体の成長過程で、眼の奥行の長さ(眼軸長)が伸びてしまい、近視が進行します。

最近、オルソケラトロジー治療を行った子供の眼軸長の伸びが、メガネやコンタクトレンズを使用している子供より抑制されたという論文が発表されました。

近視の眼に対して、メガネや普通のコンタクトレンズで矯正を行うと、レンズの周辺から入ってくる光は網膜より遠くにピントが合います(遠視性 defocus)(図①)。このため、像がぼやけ、その刺激によって眼軸長が伸びやすくなり近視が進行しやすくなると言われています。

一方、オルソケラトロジー治療の場合、図②のように、周辺の光は網膜より少し手前にピントが合います。このため像のぼやけが少なく、眼軸長を伸ばす刺激が少ないため、近視の進行が抑えられるのではと考えられています。

メガネやコンタクトレンズの場合

図① メガネやコンタクトレンズの場合

オルソケラトロジーの場合

図② オルソケラトロジーの場合

オルソケラトロジー治療の流れ

①予約

電話にて適応検査の予約をお取りください。
03―3933―0995
オルソケラトロジーの検査希望とお伝え下さい。

②適応検査(税込5千円)

その①
オルソケラトロジー治療が適応かどうか
  • 視力検査(近視度数-4Dまで)
  • 眼圧検査
  • 角膜形状解析測定
  • 角膜内皮細胞測定(2000個以上/㎟)…など

上記等検査を行い眼に異常がないか確認します。

  • ⇒ 医師が適応と判断した場合は適応検査<その②>を行います。
  • ⇒ 近視の度数が強く不適応の場合は、別の矯正方法をおすすめします。
注意事項
  • 普段コンタクトレンズをお使いの方は、角膜の形が変化しているので、正常な形に戻すために以下の期間コンタクトレンズを中止して頂きます。
    ※ソフトコンタクトレンズ…3日間
    ※ハードコンタクトレンズ…1週間
  • オルソケラトロジー治療が不適応の場合も、適応検査代5千円はかかります。
その②
テストレンズの装用(預り金として税込3万円必要)
  • 適応検査<その①>の検査値より、テストレンズの選定を行います。
  • 実際にテストレンズを装用し、フィッティングや適性を確認します。
  • テストレンズが決定した場合、レンズを貸し出し、1週間のテスト装用を行います。
注意事項
  • 1週間の装用テストについて
    テストレンズ貸し出しの際、預り金として、税込3万円をお預かりいたします。
    テストレンズの紛失・破損については、預り金から充当させていただきます。
③1週間のテスト装用
  • 貸し出ししたテストレンズをご家庭でお使いいただき、見え方や取扱いを実際に体験していただきます。
  • テスト装用1週間後に来院いただき、オルソケラトロジー治療を開始するかどうかの判断をしていただきます。
  • テスト装用の結果、オルソケラトロジーの適応があり、継続を希望される場合は本レンズを処方いたします。
  • テスト装用後、治療を希望されない場合テストレンズ貸し出しの際、預り金としてお預かりした税込3万円を返金いたします。
④本レンズの処方(税込10万円)
  • 治療同意書にサインしていただきます。
  • 本レンズの発注を行います。
  • 本レンズ到着までは、引き続きテストレンズを装用して頂きます。
  • 本レンズ到着後、テストレンズと引き換えに本レンズをお渡し致します。
    また、本レンズお渡し時に、テスト装用開始時にお預かりした3万円を充当した残金10万円(税込・両眼)をお支払いいただきます。
  • 本レンズの発注に関して
    レンズ発注には2~3日かかります。本レンズ到着日をお伝えしますので、お手数ですがご来院ください。
  • 本レンズお渡し時
    テストレンズをお忘れになりますと、本レンズとの交換はできませんのでご了承ください。また、残金10万円(税込・両眼)をお支払いいただけない場合も本レンズとの交換はできませんのでご了承ください。
⑤定期健診

レンズ処方により

  • 1ヶ月後
  • 3ヶ月後
  • 5ヶ月後
  • 以後3か月ごとに定期健診を行います。
  • レンズ処方後6か月を過ぎた場合
    検査時には検査代として毎回3千円(税込)かかります。
  • 検査結果について
    定期健診の検査結果は後日ご自宅に郵送いたします。
  • 1回目の処方レンズで目標とする視力に達することがほとんどですが、場合によっては処方交換する場合もございます。
    治療開始から3か月以内の処方交換には費用がかかりません。

保障

治療の中止
  • 治療開始から3ヶ月以内に視力が改善しないなどの理由で中止する場合7万円を返金いたします。
    ただし、治療で使用したレンズをお持ち下さい。使用レンズを持参しない場合は返金することができませんのでご注意下さい。
処方交換
  • 治療開始から6ヶ月以内に処方されたレンズが合わない場合
    レンズの種類を変え、新たに別のレンズを処方致します。
    この場合、合わないレンズとの交換となりますのでレンズをご持参下さい。
    処方交換の場合、3ヶ月以内はお金はかかりません。
破損交換
  • 治療開始から1年以内にレンズを破損された場合
    片眼1個ずつまでなら交換いたします。
    この場合、破損したレンズが半分以上残っていることが条件になります。

医療費控除について

  • オルソケラトロジーにかかる費用は医療費控除の対象となります。

当院で使われるオルソレンズのご紹介

ブレスオーコレクト

包眼科クリニック外観

医院名
つつみ眼科クリニック
医師名
堤 篤子
住所
〒179-0081
東京都練馬区北町2-22-8 サンテアネックス1F
電話
03-3933-0995
休診日
木・日曜日、祝・祭
交通
池袋から東武東上線15分 東武練馬駅南口徒歩1分