home > 眼瞼下垂手術

眼瞼下垂手術

眼瞼下垂とは

上まぶたが垂れ下がって眼が開きにくくなり、視界が狭くなったり物が見づらくなったりする状態をいいます。

眼瞼下垂の人は無意識のうちに視界を確保しようとして、眉を吊り上げ眼を見開き、常に顎をあげながら物を見るようになります。この慢性的な疲労が、頭痛や肩こりの原因になってしまうのです。

よくある症状

よくある症状

眼瞼下垂の原因

老人性下垂

加齢によりまぶたが弛み、まぶたを挙げる筋肉の作用が弱くなることで起こります。

コンタクトレンズ下垂

コンタクトレンズを長年使用している人に多く、レンズを外すときにまぶたを引っ張ることなどが原因とされています。症状に左右差があることが多いです。

白内障などの手術による下垂

術後の炎症が強かったりすると、進行する場合があります。

先天性下垂

生まれつきまぶたを挙げる筋肉の作用がほとんどありません。程度によっては、早い時期に手術を必要とします。

眼瞼下垂の程度

正常
上まぶたのフチが角膜(黒目)にほとんどかかっていない状態。
軽度
上まぶたのフチが角膜(黒目)と瞳孔の間にかかっている程度。
中等度
瞳孔の上半分にかかっている程度。
強度
瞳孔の下半分までかかっている程度。

当院の眼瞼下垂手術の特徴

  • 1 眼瞼下垂手術の専門家による手術です。
  • 2 炭酸ガスレーザーを用いて、出血が非常に少なく、小さな傷ですみます。
  • 3 局所麻酔による、片眼約20分の手術です。通院で行います。

手術方法

  • ①どこを切るかデザインします。
  • ②局所麻酔剤をまぶたに注射します。
  • ③老化により皮膚が垂れ下がっている場合は、余分な皮膚を切除し縫合するだけの方法をとります。
    まぶたを挙げる力が弱っている場合は、弛んでいる筋肉を縫い縮めて本来の機能を回復させ、まぶたを挙げる方法をとります。
  • ④細い糸で縫合します。

手術例

術前

術前は開かないまぶたを補うように眉毛が上がり、おでこに緊張があります。また、あごをあげて視界を確保しようとするので鼻の穴がより見えます。

術後

術後はまぶたが上がるとおでこの緊張も解けて、楽になります。あごを上げなくなるので、鼻の穴があまり見えなくなります。

手術費用

眼瞼下垂の種類・程度により費用が異なります

皮膚切除のみの場合
1割負担の方 片眼 2160円
2割負担の方 片眼 4320円
3割負担の方 片眼 6480円
瞼を挙げる筋肉を縫い縮める場合
1割負担の方 片眼 8000円
2割負担の方 片眼 14000円(1ヶ月の上限)
3割負担の方 片眼 24000円

※手術代とは別に自費のご負担が若干あります。

包眼科クリニック外観

医院名
つつみ眼科クリニック
医師名
堤 篤子
住所
〒179-0081
東京都練馬区北町2-22-8 サンテアネックス1F
電話
03-3933-0995
休診日
木・日曜日、祝・祭
交通
池袋から東武東上線15分 東武練馬駅南口徒歩1分